So-net無料ブログ作成
検索選択
政治・経済・歴史・本 ブログトップ
前の10件 | -

武蔵 杉山城に行って来ました!杉山城最高説! [政治・経済・歴史・本]

実は杉山城が近郊の城の中で一番だと思っています。

もちろん、大阪城とか、彦根城とか、姫路城とか大好きです。でも、多くの実践派の城はそんな城じゃないんですね。実際みているわけじゃないんで、多分。

江戸時代にはいるまで、とりわけ関東の城は 土の城 な訳で。綺麗とか、歴史的建造物としては当然姫路城などの、建物がもちろん立派です。

が、実際戦ってない。本当はいっぱい小競り合いしている訳で石垣じゃなくて堀も空堀の 土の城が多くある訳で。

前置きが長いですけど、滝山城とか、八王子城とか山城は多くあれど規模が大きいとわかりずらい^_^;

そこにいくと杉山城は ギュ!と凝縮されていて、アクセスもよく、遺構も多く残り、何よりもわかりやすい。本当に大好き!うそ臭くない。体感できるお城だと思います。コンクリート作りの天守閣だけあるお城よりよっぽどいい!

まあ、価値観はひとそれぞれだけど。

みなさん、一度はごらんあれ!

kyouikupanfu.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

智恵子抄 [政治・経済・歴史・本]



僕が中学生の時に好きだった智恵子さん
そんな思いもあって中学生の時に読んだ智恵子抄。

正直中学生の時にはよくわからなかったけど、今はいろいろな思いで

 愛

を感じ読み取ります。

とはいっても久し振りにお風呂の中で読むのにと思って
お風呂の中で読み返しました。
コーヒーをすすりながら読むのもいいですが
ぬるいお風呂の中でまったりと本を読むといやされます。

なんか、声高に愛だ恋だとさけぶのではなく
にじみでてくるような愛や恋をしたいと思う
アラフォー(ていうか、ジャスト40)のKENTAでした。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間失格 太宰治 [政治・経済・歴史・本]


人間失格 (集英社文庫)

人間失格 (集英社文庫)



人間失格 前にも書いたかも知れないけれど、この本を中学生の時に読んだインパクトは強烈だったのを覚えている。暗い。でも、なんとなく、女や世間に流される、そして死とは・・・なんか、世間がいやになった時に読むと本当に自殺してしまいそうな本です。

最近、いろいろ面倒くさくなり、無気力な時が多々有、無気力をただそうと、無理にネジを回し、また、その反動で無気力になりを繰り返してます。最近、そんなのに疲れてきました。最近、自分がかなり嫌いです。

タイムリーですが、人間失格の映画 封切です。観にいくべきか、行かざるべきか・・・

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

坂の上の雲をみて [政治・経済・歴史・本]

坂の上の雲 人間少し不便なほうがいい 最近はすべて揃ってないと異端とみられ他の人と同じで豊かでないと貧しいよ生きていけないと思う周囲や自分の心がまずしく思える

明治激動、近代化と一口でいうと簡単だけど一生懸命あがいているのは美しい すかさないでがんばりたい。なんていうと笑われそうなんだけどね。本当にウィスキーと本をもっと中学生の時に知り合えてたらと思う。僕のこどもが生まれたらスポーツと読書とウィスキーを教えたい。そううまくはいかないだろうけど^_^;

坂の上の雲 面白い りつ どきどきします
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天地人 さあ、決戦!三成 [政治・経済・歴史・本]

こんなシュチュエーションはなかったかも知れないがこんな三成なら愛せるのう。家康は悪者だけど、こんな三成も悪くない。家康になびく上杉はみたくないもので、ある意味ここがクライマックス。幸村の存在価値もここで発揮される。いろいろなIFの中で偶然と計算の中で面白い。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

政治 民主圧勝! 圧勝しすぎだけども・・・ [政治・経済・歴史・本]

民主圧勝! 正直、圧勝しすぎで小泉劇場ではないが、小沢チルドレンなるものがでてきている。正直、この中のほとんどの人は本当に官僚を手玉に取れるとは到底思えない。正直不安でもある。

政権公約の一部は支持されていないものも多くあると思う。だけど、この選挙で慢心した自民党をおろした実績はある。嫌気がさしていたんだろうな。一番は大物政治家といわれる人が落選し、引退する人もでてきている。今までの自民党では考えられない状態だ。この考えられない状況はいいのかも知れない。

いま、政界再編の地殻変動だとして今回は大地震だとすると、また、少しずれた箇所はその隙間を埋めようと余震を起す。そこに期待したい。

正直、自民党は体質が古いことは否めないが、小泉政権がものすごくだめだったとは思わない。今回はアメリカに端を発している金融危機だが、小泉政権発足時のスタートは銀行の不良債権をどうするのか?と遅々としてすすまない、処理やバブルの残像に慣れた人たちが どうしよう? と悩んでいる時期でもある。アメリカじゃないけど、チェンジ!したかったんだな。

そういう意味でのチェンジは期待したいが、もちろん世間は政権交代が目的ではない。中長期で国を、生活を憂いて民主を選んだんだ。多分、政治は短期ですぐに変わるものではないと思う。短期で効果がでるものは短期で効果がきれる。

セーフティネットはいうのは簡単だけど、やるは難しい。結局は今の税金で足りない訳だからどこからか調達しなければならない。本当にそれにまかなえる無駄があるのか?国債は破綻寸前の日本国が更に借金をする訳だから、できればしない方がいい。仮にそれが、老人を生かすためでも僕らの世代や次の子供の世代につけをまわし、つけといてくれと飲み屋で子供につけをして子供が飲みにいくとそこでは別の支払いがあり、あまり飲む気にもなれない・・・ そしてその子供も老人になるのだ。

どれがいい?これから民主には期待がかかる。これからは厳しい期待も民主にかかる。大丈夫か?民主。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オドオドの頃を過ぎても 阿川佐和子 [政治・経済・歴史・本]

本日はひさしぶりに休みだったので床屋にいってきた。1000円床屋。結構混んでいたので待つ間本を読もうと思って本屋へ。最近は僕の中では阿川さん特集なので

オドオドの頃を過ぎても



を購入し、床屋へ。いざ床屋へいくと5人待ちが3人待ちに減っており、本を買うほどでもなかった^_^; でも、折角の久し振りのお休みを満喫しようとタリーズカフェでアイスカフェモカをすすりながらしばしこれを読む。半分くらい読み終わって、店内が混んできて独りで席を占拠するのも申し訳ないと思い、残りは家で読むことに。僕にとっては映画をみるくらい贅沢なひと時なのでした。

いつもは自転車でいく、ショッピングセンターも今日は歩いていきました。ダイエットの為。でも、久し振りにうどんでも食べようとお昼にかけうどんを食べてしまったのでダイエットになっていないかも^_^;

なんとなくゆっくり時間が過ぎる良い休日でした。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【政治】子供手当ては本当にいいのか? [政治・経済・歴史・本]

子供のいなくて貧乏なKENTAは思う。問題は、KENTAが子無しで貧乏じゃないというよりも、裕福でも子供ありがいるということだ。

で、問題の本質に戻るが、なぜ、子供を生まない?

が本質。お金がないから生まないとあほな経済学者がいるがそうではない。ヤンママの殆どはお金があろうがなかろうが生むし、金持ちはあっても生まない。むしろ、プライドの高い女ほど、女を捨てるのをためらう。

問題の本質は お金 だけじゃない。というか、お金は本来二の次でむしろ金持ちが金持ちの教育をする為に、お金がかかる・・・と心配するのである。

一番の本質はみんな、自分の生活レベルを下げたくないので。周囲や自分の生活、仕事や収入、食事や楽しみまで含めて自分の心配をするのだ。ましてや老人世帯が今後増えるから、子供を生もう、そのこたちに、今、ばらまかれている税金の付けを払わせようとは誰も思っていないのだ。

日本の有利子負債は800兆円。老人や、老人になろうとしている今の大人は、自分たちの生活の為に、未来の子供達に借金を負わせ、逃れようとしている。子供手当て、正直 あほか?と思う。2万6千円月額だ。3人いれば月額7万8千円、年額936千円だ。あほか?これが15歳まで手当てされると1500万円だ。あほだ。

結局それは、プライマリーバランスが改善しない限りその生んだ子供達が背負い込む。その1500万円は親が今の生活を維持する為に使う。それは金持ちも金持ちじゃない人も恩恵を受けるからだ。

本当は、国のことを思うならば増税をして、いいじゃないか子供の数が減ったって。狭い日本、半分くらいに人口がなった方が暮らしやすいかもしれない。今、仮に一時増えた人口が今度負担するのはその子供の孫の代だ。多分、現役世代のひ孫の代か?多分、その頃には、日本は破綻しているかもしれない。国債が破綻しハイパーインフレが起きて国としての体をなさない可能性すらある。

お願いだから民主党、今回は民主党にいれようかなーと思ってたけど、ばら撒きはやめてくれ。つけは誰にくるのかを考えてくれ。本当は貧乏手当てをつけて欲しいくらいだ。多分、ばらまくにしてもばら撒き方がまちがってるぞ!国民は未来の日本に期待したいんだから、甘い言葉ばかりで国民をたらしこまないでくれ。

増税します。ばら撒きはしません。そのかわり官僚にも天下りは全廃します。国の借金を減らして、今後の未来に住み良い日本にしますので、住み良い日本に子供をすませましょう。でいいと思う。大儀が欲しいよ。大儀が。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢者は働く事しか才能がない・・・ 言葉をしらないだけだな [政治・経済・歴史・本]



ちょうどタイムリーで麻生首相のこのご発言。この人は言葉をしらないだけで悪意はない。ある意味少しかわいそうな人である。

でも、働く事には賛成。特に頭を使ったりチャレンジしたりする事に賛成。ぼけない。やっぱり働いている人の方が元気だし若い。税金をとるとかとらないとかの問題ではない。むしろ老人からは税金取らないから働けといった方が働くし社会全体の生産性もあがるのにと。ぶれるぶれない以前の問題ですな。敬いつつも老人を老人扱いしない世の中を作りたいといえばいいのに。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

老人問題 Part2 酔ってない時に [政治・経済・歴史・本]

昨日はかなりの酔っ払い状態で老人と死についてエントリーを書いた。^_^;

鉄腕DASH のDASH村の昭雄さん(この字だった?)との10年をみつつ なんか、ほろろときた。可愛いじいちゃんだなと。でも、昔の人は生きるっていうのはこういうことなんだ、お金がなくても生活できるのはこういうことなんだ、自生はこいうことなんだと感じながらみていた。まあ、現実的には税金も固定資産税もあるので、何かしらで稼がないと食べれないけど。^_^;

ここらへんでウィスキーを飲みながら酔っ払い状態でTVをくるくる回す

でその後、勝代なんとか(女の人気の経済ジャーナリスト)がコメントしている 独身の老人介護がいかに大変かの問題のドキュメントをやっていた。ぼけた老人を介護するのは大変である。老人を介護しているのも老人。その老人を介護するのは・・・ いないんだよね。実は。独身老人だから。今の年金問題と同じ。

というか、今までも老人はいた。問題になぜならなかったのか?簡単、数が少なかったからだ。不思議とこの議論は誰もしない。年金問題と同じなのに。

今、老人と呼ばれる人(60歳を起点とすると)戦後のベビーブームで生まれた年代だ。戦争でその前の若い世代は多くが死んだ。復員した人は生めよ増やせよでいっせいに種付け。生き物とはそういうものである。その時は貧乏もなにも関係ない。みんな貧乏だから。

だから、今の老人になろうとしている世代を中心にいつもどうするどうすると大騒ぎ。今までは多い人数の子供達で数の少ない親をみてたけど、今度は違う。年金と一緒。

日本の平均寿命は延びた。子供がしなない。これは重要。老人を死なせない。死ねという訳でなく、延命する。

介護に話を戻すけど、介護している独身の男性は「首を絞めてやろうと何度も思った。」24時間の介護が必要で15万円のアルバイト代のうち介護費用で9万円かかる60歳の独身男性。悲痛の叫びである。確かに介護は必要だけどもこの人の方が介護される側よりよっぽど大変だ。この人の生活は?この人の近い将来の介護は?そんな不安をかかえながら介護するこの人は幸せなのか?果たしてこの親はそのまた親に同じ事をしているのか?・・・ 等々 考えさせられる。

僕だったら、僕が介護される立場で意思があるならば、選べるのであれば 死にたい。安らかに。今は自殺か依頼しても委託殺人かどちらも暗い影が残る。もう少し積極的な死というか、法律的に決めないとその選択が自由として得る事ができない。脳死以上じゃないと死ねないのである。それ以外だと自殺だ。尊厳死もあって苦しまず安らかに死ねる権利もあってもいいと思う。条件があっての話だけど。

でまた、介護に話を戻すけど、勝代なんたらが「政府が介護する側の報酬をあげないと駄目」と経済ジャーナリストらしい発言。ごもっともだけど、今の税制だと根本的に無理だよ。高福祉にするという事は生産性の低い所にお金をかける訳だからお金を稼ぐところから税をとらなくちゃ駄目な訳で、社会主義に近い構造になってくる。僕も含めてその方が破綻しないのであれば、将来がそれでどんな自体であっても守られるのであれば、政府が保証するのであれば、いいわけだけど、多分、納得しない。誰も。先延ばしに成り、目先の政策になる。

だから多分マニフェストはみんな良い事書いてくる。福祉を!教育を!安心を!僕は詐欺だと思う。今、それはローンの申込書に判を押すようなものだ。ローンは将来の自由を奪う変わりに今の幸せを与えるのである。目の前の幸せは親世代の幸せ。自分たちの世代はどうなるか分からず、というか、分かっている。破綻している。

だから、与謝野さんとかが言っている消費税を上げましょうは嬉しくないけど的を得ている。本当は金持ちが存在しなくなるくらい金持ちからお金をとる税制をとって、お金が要らない世の中にお金が価値を持たない世の中になれば、お金がなくても幸せに感じるのにと思う。

キューバ革命ならぬジャパン革命。ま、絶対ありえないが・・・ カストロやチェのように、それを今の制度でなしえた人は日本の現代の英雄になれるはず・・・本当は精神の革命みたいなのがおきるといいなと思ってます。

僕、実は今の若い世代。この考え方に近い世代じゃないのかなと。僕らより上の世代もしくは僕ら含めて同世代前後は金持ちはいい事で物も豊か、生活も豊かじゃないと負け組みみたいな 勝ちか負けかしかないというか白黒つけたがる世代というか。今の若い世代も全てじゃないけど、身の丈でいいんじゃない?みたいなある意味ハングリー精神にかけた、少し力が抜けた感がある。車もってなくてもいいんじゃない?お金かけなくてもおしゃれするとか。反面ものすごく他人に依存する輩も多いのも事実。がまんがきかないというか^_^;

長いなこのエントリーは^_^; だらだらと 老人介護 一口では言えず難しいですね。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 政治・経済・歴史・本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。